散々な過程、、終わりよければ、、、、

  • 2018.12.20 Thursday
  • 20:30

早朝8時半から、、、とはいえ、禁酒の昨夜は殆ど寝てないので、6時半起きでした。

 

病院に行くと、今日内視鏡検査の人は、6人。

 

男3人、女3人。

 

黙って黙々と、1Lの、下剤を飲み。排便が透明になるまで、、排便を続けます。

 

去年の失敗を糧に、今回は、最初からオシメプラス、パット。

 

で望みましたが、

 

内視鏡検査のランク、

 

1 出ない、2 固形物、 3 柔らかい、 4 カスがある、 5 透明。

 

3から4の場合、ほぼ水性、、ションベンみたいなもので、しかも突然襲ってくる。

 

昨夜の時点で、4に近かった私は、最初の頃は、なんとか耐えていましたが、3回目の排便くらいから、いきなりの下痢攻撃に、、、、

お漏らし、最初は、オシメの中に貼った、パットを撤去、次のおもらしで、オシメを交換。

 

このあたりになると、もうコントロールできなくて、、、

 

しかし、苦労のかいあって、排便は全くの無色透明に。

 

さあ、検査!    

 

ところが、、今まで何度か検査して、顔なじみになっている看護師のお姉さんが。胃カメラの検査が入っているからすぐに検査は出来ないので、1時間ほど待たないといけない、、、、ごめんね。

 

彼女の責任ではないけど、、、、たしかに、6人の中でも、私は一番早かったのですが、私が、6回目にトイレに行ってもまだ2回目ですとか、言う人がいたり、時間調整の難しい検査ではありますね。

 

検査される側の理論では、待機しとけや、と思いがちですが、検査する側にしてみれば、いつ来るかわからない6人を待たなくてはいけないのであれば、経験則で、他の患者さんを割り込ませようとするのは、当然でしょう。

 

ということで、

 

 

オシメ2枚わやにして、検査してもらった、結果は、、、、、、、、

 

 

ポリープもなく、全くの正常で、2年前の手術跡もしっかりと復旧して。

 

なんの問題もありませんでした。

 

 

兼亜のための、麻酔注射、検査後の麻酔解除の注射。

 

それらが折り合うための30分の安静。

 

 

それらが済んだら、主治医の診察。

 

その時はすでに昼休みの時間でしたが、

 

主治医の高倉先生が、休憩時間を削って、診察をしてくれて、無罪放免となりました。

 

 

 

今日は、飲んでます、

 

酒が美味しい。

 

気にかけてくれてたみなさん。

 

 

元気ですよ!!!

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 20:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    リピリピ、否、ピリピリしながら、この書込みを待っていました、。
    【祝】全快・おめでとうございました。
    • 倉敷のU
    • 2018/12/20 9:14 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM